ジニアス記憶術はトレーニングゲームは楽しく学べる

ジニアス記憶術はトレーニングゲームは楽しく学べる

ジニアス記憶術は脳の仕組みを考えたマニュアル

 

川村明宏のジニアス記憶術は、表面的な暗記方法を教えるのではなく脳の仕組みに着目して作成されたマニュアルとして注目を集めています。

 

少し説明すると脳の仕組みは、複雑な数学的な計算や論理的な思考をしようとすると、多量の血液が左脳の一部に流れ込んで、ほかの部位の血液量が少なくなってしまうのです。

 

つまり、この事がどの様なことか解説すると左脳のみが活動し、右脳は寝ている状態ということになります。

 

人間の自律神経には交感神経と副交感神経がありますが、知的作業を行っている時は主に前者が活動しています。

 

つまり右脳が寝ていて左脳ばかりが活動をしていても、記憶力の向上には役立っていないということなのです。この様に川村明宏のジニアス記憶術は脳の仕組みを考えたマニュアルになっています。

 

誰しも少なからず経験があると思いますが、よく親や先生などから「一つのことに集中しなさい」というようなセリフを言われた事があると思います。

 

これは、同時にいろいろなことをやってしまうと、どれも失敗して終わってしまったり、物覚えも悪くなる場合などに言われることが多いセリフの代名詞です。

 

確かに集中というのは大切なことです。ですがそれ以上に眠っている脳を起こして暗記しやすい様にする必要があります。

 

前述したようにジニアス記憶術は表面的な暗記方法ではなく、脳の仕組みを考えたマニュアルで記憶力をアップする方法なので毎日数分程度のトレーニングで記憶力をアップできるマニュアルです。

 

ジニアス記憶術はトレーニングゲームは楽しく学べるので長続きできる

 

ジニアス記憶術のトレーニングゲームは、筆記勉強のように繰り返し同じことを書いて覚えたりする事は無くてゲーム感覚で楽しく学べるので長続き出来るので楽しいです。

 

まず、ジニアス記憶術のトレーニングゲームの解説をすると1つ目は20秒で食べ物の絵を覚えるというものがあります。

 

これを実践すると今のあなたの記憶力が数字でハッキリと目に見えるので改善点が見つけやすくトレーニングのやりがいが見つかります。

 

また、毎日トレーニングを実践していると少しずつ記憶力が上がっていくのを数値で実感することができるので、モチベーションの維持にも役に立ってくれます。

 

続いて2つ目は左脳を2倍、そして右脳が20倍活性化するトレーニングゲームです。このトレーニングゲームで脳を活性化させていけば、今までの数十倍、記憶力が上がるのを実感することが出来ると思います。【中身と特徴】ジニアス記憶術についてはこちら

 

誰にでも備わっている潜在パワーを引き出すことが出来るトレーニングゲームになっています。

 

次に3つ目がイメージ記憶トレーニングゲームとなっています。右脳を使った記憶の特徴はイメージを活性化して強くしていくという所です。これを行うことによってイメージ力が上がって暗記しやすくなっていきます。

 

そして4つ目が、一度覚えたことを忘れなくするリピート記憶トレーニングゲームというものです。

 

これをする事で、せっかく一度覚えたことを忘れにくくしてくれます。暗記力アップは記憶の定着がどうしても必要となってきます。

 

このリピートトレーニングで一度覚えたことを忘れてしまわないようにしておくとかなり役立ちます。

 

川村明宏のジニアス記憶術は4つのゲームトレーニングが用意されていて、どれも楽しみながら実践できるので長続き出来るように工夫されて作成されています。

 
 

ホーム RSS購読 サイトマップ